京浜急行電鉄(京急)の本線・横浜市交通局(横浜市営地下鉄)のブルーライン(1号線)の上大岡駅直結の京急百貨店北ウィングの1Fにあるレストラン。
毎週月曜日の18:00~21:00(LO 20:00)までの間、オーダーバイキングを開催しており、時間無制限で大人4,000円(税込4,400円)、6歳~12歳2,000円(税込2,200円)。
「マスクメロンパフェ」「マスクメロンジュース」対象プランは、5,000円(税込5,500円)、6歳~12歳2,500円(税込2,750円)。
2019年11月1日(金)~2020年1月5日(日)のシーズナルフルーツは、国産苺&ベリー。
オーダーバイキングは2019年11月は、11日(月)、18日(月)、25日(月)の3日間の開催。
12月は開催はなく、2020年1月は、1月6日(月)、20日(月)、27日(月)の3日間の開催予定。
予約は開催月の前月25日の10:00~で、定員は各日15名と激戦。
しかし、当日席の用意はあり、当日席狙いで来店。
前回の訪問時からの変更点としては、予約席の定員が各日10名から15名となった事、2019年4月からのマスクメロンパフェの価格改定に伴い、「マスクメロンパフェ」「マスクメロンジュース」対象プランが値上げとなっている事。
とは言え、それ以外は消費税分のみの値上げですし、値上げ幅としては良心的な部類。
15:00頃には到着し、今回も1組目を確保出来ました。
2組目は16:00前、3組目は16:30前と、前回参加した時よりは緩やかで、今回はオーダーバイキングの当日席狙いの客は多かったようですが、通常のカフェ利用の客は少なく、早い段階で全員が入れ、空席も2席あって、18:00以降に来ても入れた客もいるという状況でした。
とは言え、いつもこうとは限りませんし、オーダーバイキング客より通常利用の客が優先的に案内される事を考え、制限時間をフルに使いたいなら、出来れば2時間前、遅くとも1時間前には到着していた方がいい感じでした。
18:00前に入店出来る予約には及ばないとはいえ、当日席でも1番だった事もあり、18:00には入店出来ました。
「マスクメロンパフェ」「マスクメロンジュース」対象プランをオーダー。
初回オーダーは2品までで、それ以降のオーダーは1品まで、食べきりで皿の交換制となっており、ドリンクは1品にカウントせず、何時でもオーダー可。
モーニング・ランチの限定メニュー、パフェロワイヤル、カットフルーツ盛り合わせは対象外となっています。
マスクメロン取り扱い100周年のマスクメロンコラボパフェは、「マスクメロンパフェ」「マスクメロンジュース」対象プランでないとオーダー不可。
オーダーしたのは、国産苺とベリーのプレートデザート、マスクメロンとベリーのパフェ、洋梨のパフェ、栗のパフェ、パフェセレクトナイト(国産苺とベリーのパフェ)、マスクメロンパフェ、ローストビーフサンドウィッチの7品。
ドリンクが、マスクメロンジュース2杯、国産苺とベリーのヨーグルトドリンク、フルーツミックスジュース、ブルーベリーヨーグルトドリンクの5品。
国産苺とベリーのプレートデザートは、オーダーバイキングではまず外せない、3種のデザートが楽しめるプレート。
マスクメロンとベリーのパフェは、マスクメロンと苺、ブルーベリー、フランボワーズと、国産苺とベリーのシーズナルフルーツの双方を楽しめる、マスクメロン取り扱い100周年のマスクメロンコラボパフェ。
とは言え、個人的には相性のいい組み合わせとは思えず、オーダーバイキングだとマスクメロンパフェ、国産苺とベリーのパフェの両方を頼めばいい気もしました。
食べてみてもその印象は変わらず、「マスクメロンパフェ」「マスクメロンジュース」対象プランを頼んだのだから、せっかくなのでという気持ちが優先してしまった感はあります。
洋梨のパフェは、瑞々しい洋梨にシャーベット、グラニテと洋梨尽くしですが、カラメルソースにレアチーズクリームにリンゴゼリーと食べ進めると変化も多く、飽きさせない一品でした。
栗のパフェは、たっぷりの栗にマロンクリーム、マロンアイスの存在感も強いですが、パイアーモンドの食感と香ばしさ、カラメルソースとカラメルゼリーの苦みなどが加えられ、フルーツ系のパフェに比べると重厚感があり、差別化は図れていました。
クラブハウスサンド(ハーフサイズ)は、チキン、ベーコン、トマト、レタスの構成で、適度にピリッとした辛子マヨネーズがアクセントとなり、貴重な塩気。
中盤に塩気が欲しくなった際、パフェセレクトナイトのクラブハウスサンド(ハーフサイズ)はありがたいです。
国産苺とベリーのパフェは、たっぷりの苺、ブルーベリー、フランボワーズに赤すぐりゼリーや苺りんごグラニテの甘酸っぱさが印象的。
杏仁クリームの優しい甘さが、適度に甘酸っぱさを包みこみ、全体のバランスをよくしていた気がします。
グラニテは後々メニューを見返すと苺りんごグラニテとの事でしたが、りんご要素は全然印象にないです。
マスクメロンパフェは、マスクメロンにシャーベット、グラニテとバニラのソフトクリームとシンプルにマスクメロンの素材で勝負。
前回もオーダーしていますが、これを外すという選択肢は端からなかったです。
クラブハウスサンドウィッチは、ローストビーフ、トマト、レタス、フライドオニオンの構成で、締めに選びたい一品。
レホールマヨネーズが前回はピリッとやや強く感じたのですが、今回は控えめなのは、メニューに微調整があったのか、作り手による違いなのか。
フレッシュジュースも美味しく、今回も全体としては満足。
今回は、オーダーバイキングの利用者が多かったのもあるのでしょうが、2時間の間にオーダー出来たのは7品で6回のオーダーと、前回よりも1回少なかったですが、現在のキャパシティだとこれが限界でもありました。
シーズナルフルーツ、「マスクメロンパフェ」「マスクメロンジュース」対象プランの追加メニューは外せないですが、この季節ならではの洋梨のパフェと栗のパフェも捨てがたく、正直、取捨選択が難しかったです。
結果として、ボリュームとパフェセレクトナイトの組み合わせの兼ね合いで、シーズナルトライフル国産苺とベリーを残念ながら諦める事に。
一足早い国産苺とベリーというシーズナルフルーツ、まだ秋のメニューも残っている時期的なタイミングもあり、色々と楽しむ事は出来ましたが、季節のおすすめとしてHPに掲載されているメニューの栗のホットパフェは気になっていたので、なかったのは残念。
コストパフォーマンスという点では、「マスクメロンパフェ」「マスクメロンジュース」対象プランは値上げもあり、やや低くなりましたし、私のようなメロン好きでもなければ、わざわざ付ける必要はないかもしれません。
タカノフルーツパーラー自体は全国にありますし、日常で利用出来る範囲に店舗がある方であれば、オーダーバイキングの中で選択する必要はないですし。
京急上大岡店以外の店舗でも、オーダーバイキングの開催があると嬉しいですが、実現は難しいのでしょうかね…
IMG_1000IMG_1001
IMG_1002IMG_1003
IMG_1004IMG_1005
IMG_1006IMG_1007
IMG_1008IMG_1011
IMG_1012IMG_1013
IMG_1017IMG_1021
IMG_1022IMG_1023
IMG_1024IMG_1025
IMG_1026IMG_1027
IMG_1028IMG_1029
IMG_1032IMG_1033
IMG_1034IMG_1035
IMG_1036IMG_1041
IMG_1042IMG_1043
IMG_1044IMG_1045
IMG_1051IMG_1052
IMG_1053IMG_1054
IMG_1055IMG_1056
IMG_1057IMG_1058
IMG_1060IMG_1061
IMG_1063IMG_1064
IMG_1120IMG_1121
IMG_1122IMG_1123
IMG_1124IMG_1125
IMG_1126IMG_1127
IMG_1128IMG_1129
IMG_1130IMG_1131
IMG_1135IMG_1136
IMG_1137IMG_1138
IMG_1139IMG_1140
IMG_1141IMG_1142
IMG_1143IMG_1144
IMG_1145IMG_1146
IMG_1147IMG_1148
IMG_1149IMG_1150

関連ランキング:フルーツパーラー | 上大岡駅港南中央駅


にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ食べログ グルメブログランキング