名鉄三河線の北新川駅から徒歩12分の所にある衣浦グランドホテルの13Fにあるレストラン。
毎日、6:30~9:00までの間、和洋バイキングを開催しており、時間無制限で1,000円(税込1,080円)。
平日の11:30~14:00(LO 13:30)までの間、ハーフランチバイキングを開催しており、時間無制限で1,280円(税込1,382円)。
土日祝日、繁忙期の11:30~13:00、13:00~14:00までの間、ハーフランチバイキングを開催しており、90分2部制で1,280円(税込1,382円)。
毎日、17:30~21:00(LO 20:30)までの間、ディナーバイキングを開催しており、時間無制限で2,700円(税込2,916円)。
土日祝日のランチを利用しました。
土日祝日のランチはかなり盛況で、予約客だけで満席。
入場は並んだ順ではなく、早く予約した順の案内でした。
メイン料理は、人気No.1だという毎日継ぎ足しているデミグラスソースを使った三河産ポークのデミグラスソースも捨てがたかったのですが、1日12食限定に惹かれて、8月の洋食であった、雛鳥のロースト オレンジ風味のソースを選択。
柔らかで淡白な雛鳥とほんのりとオレンジの酸味を感じられるソースで、夏らしい爽やかで食べやすい一品でした。
バイキングに関しては、ハーフランチバイキングの名の通り、メイン料理のおまけ程度で、サラダバー+α程度かと思いきや、意外と充実。
陳麻婆豆腐、本日のスープであったビシソワーズなどは悪くなかったと思います。
ナシゴレン、パッタイ(タイ風やきそば)は、この手のオーソドックスな和洋折衷の低価格バイキングでは、中々の変わり種で、面白みはありました。
スープカレーは、カレーとしてはかなり薄味なカレー風味のスープという感じで、ナンには全く合わず。
イカスミパスタが、イカスミを使ったソースではなく、麺にイカスミを練り込んだオイルベースの品となっており、イカスミ風味こそ感じましたが、少々の違和感もありました。
デザートは業務用のケーキシートなどもありますが、オリジナルの品もあり、生カステラは半熟のしっとりとした食感で、1番の目玉でしょうか。
メイン料理なしでも、価格帯としては妥当な所だと思いますし、外れメニューも幾つかあったとは思いますが、コストパフォーマンスは悪くはないのではないです。
ちなみに、モーニングの和洋バイキングは、中国人客で一杯らしいので、個人的には遠慮したいかな…
ディナーバイキングは、土日祝日だと同一料金でステーキ、寿司、天婦羅が登場、土曜日は18:00からマグロ解体イベントと、内容がグレードアップするようなので、平日よりも土日祝日を狙うべきでしょうね。
P8199950P8199951
P8199952P8199953
P8199957P8199958
P8199959P8199960
P8199961P8199962
P8199963P8199965
P8199966P8199967
P8199970P8199975
P8199976P8199977
P8199978P8199984
P8199985P8199990
P8199991P8199992
P8199995P8199996
P8199997P8199998
P8199999P8200005
P8200006P8200007
P8200010P8200011
P8200012P8200013
P8200014P8200015
P8200018P8200022
P8200024P8200025
P8200026P8200027
P8200028P8200029
P8200033P8200034
P8200037P8200038
P8200039P8200044
P8200045P8200046
P8200047P8200048
P8200049P8200050
P8200051P8200053
P8200054P8200055
P8200058P8200059
P8200060P8200061
P8200062P8200063
P8200065P8200066
P8200068P8200069
P8200070P8200072
P8200073P8200075
P8200076P8200077
P8200088P8200089
P8200090P8200091
P8200104P8200110
P8200111P8200115
P8200117P8200118
P8200119P8200120
P8200122P8200123
P8200126P8200128
P8200129







関連ランキング:フレンチ | 北新川駅


にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ食べログ グルメブログランキング